ポージング・手の使い方を上手にオーディション写真・宣材写真|声優編

menu
オーディション写真・宣材写真で絶対合格|声優編

ポージング・手の使い方で声優オーディション写真・宣材写真を個性的にする

手のポージングで声優オーディション写真・宣材写真をお洒落にする方法

声優可愛いオーディション写真
前回と今回の投稿写真では手をあしらった声優オーディション写真・宣材写真を掲載させてもらったので「声優さんの手のポージング」にいついて考えて見ました。

二つのポーズの相違点

前回は右手を画面奥にポーズして貰いましたが、今回は左手を画面手前にポーズして貰いました。
基本的には画面手前にポージングしたほうが手自体は目立ちます。どちらも顔に掛からない位置であり低めなので顔の写りに影響を与えることはありません。
手を胸元あたりにポージングすることで「気持ちを表現しやすい」ことがこのポーズの利点の一つです。オーディション写真や宣材写真は無地の背景紙の前に立って撮影しますが、壁に寄りかかったり、座ったりしない分、難しいとも言えます。そんな時に手を体の一部に添えることで、バランスがとりやすくなり、落ち着くことが出来ます。(全身でウエストに手を添えるのも一つの方法です。)
気持ちを表現するためには手のかたち、つまり「手の握り方」でも印象が異なります。僕が撮影する場合、「少女っぽい感じ」を強調する場合は「強めのぐ~」で握りを強くします。反対に「エレガントで落ち着いた感じ」を出したい場合は「弱めの握り」にして手の中に空間を作ります。

この他にも両手を使って表現するポーズ(バストアップで)もありますが、インパクトがかなり強く、イメージを固定しすぎてしまう事もあるので、希望があれば行いますが、提案する事はあまりありません。

どんな時に手のポーズを入れて撮影するか

一概には言えませんが、撮影が苦手で顔でイメージを表現するのが難しいと感じる場合、手を入れてお洒落にしたい場合に利用する事が多いです。

いづれにしてもやみくもに手を入れても上手く出来ないので、しっかりとイメージを作って撮影する事が大切と考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2017年8月
   
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031