声優養成所 宣材写真 プリントサイズ問題

声優養成所 提出用宣材写真のプリントサイズ問題

声優養成所、声優専門学校は学内オーディションが行われるのが一般的です。

そのオーディションの為に宣材写真を撮影することになります。そして指定されたオーディション用紙に指定されたサイズのプリントを貼ります。しかしこの時に不具合が起こります。

それは宣材写真のプリントサイズ問題です。

日本には規格プリントサイズが存在しており、提出用のプリントサイズが規格サイズである横8.9cm 縦12.7cm相当であれば問題ありません。

しかし規格プリントサイズを指定する養成所、専門学校は少数派でほとんどの場合、独自のサイズを指定しています。それはオーディション用紙のレイアウトの問題とみられますが、見たことのないサイズが大勢を占めています。

その為、指定された枠内にプリントを綺麗に貼ることが出来ないのです。

指定のプリントサイズにして納品致します


宣材写真プリント問題の解決方法

解決法は2つあります。

  1. 其の1
    専門の機関(写真屋さん、フォトスタジオ、量販店で写真を取り扱っている場所)にデータを持ち込み手焼きプリントにして指定サイズにプリントして貰う。
  2. 其の2
    撮影したデータを規定サイズのプリントにした後、自分ではさみで切る。

1の場合はほぼ指定サイズに全身、上半身を収めてバランスよく仕上がります。

2の場合はプリント用紙に対して顔が大きくなる可能性があります。また全身では足が切れたり、頭が切れたりする可能性があります。

まとめ

時間の余裕があれば専門機関を利用して綺麗に仕上げましょう。見た目も美しく、やる気を感じさせることでしょう。またオーディションの礼儀を考えても、キレイな状態で提出するべきです。

オーディション写真|声優編 TOP