オーディション写真・宣材写真で絶対合格10のポイント|声優編

menu
オーディション写真・宣材写真で絶対合格|声優編

オーディション写真・宣材写真で絶対合格10のポイント|声優編

絶対声優になる方のオーディション対策「10選」


【お知らせ】
投稿ページの再構成により、投稿日が2017年8月以降となっていますが、実際には2014年頃からとなります。

声優可愛いオーディション写真

これをマスターすれば憧れのプロダクション所属も夢じゃない

【目次】



  1. オーディション写真を撮る前のチェック項目

  2. 一次審査で通過するオーディション写真・BEST3

  3. 本当は教えたくないオーディション写真の強いポーズ「2選」

  4. オーディション写真の服装

  5. 合否を左右するボイスサンプル録音方法「5選」

  6. 面接・実技試験のコツ「3選」

  7. フォトスタジオの紹介

  8. 良い修正・悪い修正の比較

  9. 人気撮影プランと料金

  10. 特集・声優と俳優、両方で使えるオーディション写真

オーディション写真を撮る前のチェック項目


【必要となるオーディション写真は2枚】


一般的に必要となるオーディション写真は上半身1枚、全身1枚の計2枚です。但し声優の場合、養成所・プロダクションによっては上半身1枚の場合もあるので確認してください。


宣材写真 上半身・全身

基本的なオーディション写真の撮り方を知っておこう


まずオーディション写真として条件を満たす為の撮り方を「上半身と全身」に分けて説明します。そして最後に自分で撮る、家族に撮って貰う、またフォトスタジオでも間違いやすい撮影方法を掲載しますのでチェックしてください。

  • 上半身


  • 正面向き

  • 胸から頭の先まで入れる

  • 顔立ちが分かるようにする

  • 髪の長さが分かるようにする

  • 帽子などはNG



  • 全身



  • 正面向き

  • 頭からつま先まで入れる

  • 体形が分かるようにする

  • 手足の長さが分かるようにする


以上がオーディション写真に必要な最低条件となります。

そして次に勘違いしない為のチェック項目「5選」です。


  • 間違いやすい撮影方法



  • 指定がなければ真正面で撮る必要はなく体を少し斜めにしスタイルを良く見せます。

  • 両手を体の後ろに組んでは手や腕の長さ、全体のバランスが分かりません。

  • 髪をアップにしては髪の長さが分かりません。

  • 「いつも通りにしたいから」と言ってノーメイクにする必要はありません。

  • 変なポーズならしない方が良いです。


しかしフォトスタジオに求める要素はそれだけではありません。必要条件を満たしなからもプロならでは視点で素人では難しい被写体の魅力を引き出して貰うことにあります。そして声優としてプロダクションが欲しいと思うキャラクターに仕上がることが求められています。

だからこそ専門性の高いフォトスタジオでの撮影は合格するためのフィルターになるのです。

プロカメラマンだからできる撮影テク



  • 自然な笑顔を引き出す

  • スタイルを良く見せる

  • ファッションセンスを上げる


この項目「オーディション写真に必要な条件・まとめ」



  • 上半身1カット+全身1カット

    基本プリントサイズ・縦12.7㎝×横8.9㎝(名称:L版又はサービス版)

    データの場合:1MB(1メガ)程度

    ※プリントサイズは募集要項をチェックしてください。

一次審査で通過するオーディション写真・BEST3


声優的な個性を磨いて勝負しましょう。

人気宣材写真・オーディション写真プラン


  • 5感に訴えてくる写真

    5感とは視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚を指します。会いたくなるようなキャラクター演出が出来ていると強いです。ご自身でキャラクター形成が出来ている場合はそれを推し進めましょう。まだの場合は一つずつプラスしていくと良いでしょう。

  • プロダクションの志向に合っている写真

    所属後の活動が見えてくることは通過、合格要素となります。たとえばプロダクションが現在アニメの枠を持っていて、新キャストを考えている場合チャンスは巡ってきます。

  • 所属者にいないキャラである

    上記と相反する見解ですが、プロダクションによっては現在所属しているキャストではフォロー出来ない市場を狙っている場合があります。たとえばそれはゲームやアプリだったりします。その時にはそれに合った声優の募集が盛んになりますのでプロダクションのホームページ等を見て分析してみるのも一つの方法です。


本当は教えたくないオーディション写真のイケてるポーズ「2選」


オーディションで顔写真と並び重要な位置を占めるのが全身写真です。この全身写真はポーズ取り方により6頭身にも8頭身にもなる不思議な存在です。そこでここでは8頭身に近づける又は上回る『オーディションに強いポーズ2選』をご紹介します。

クロスポーズ


声優宣材写真

【よく利用される理由、なぜ脚長、小顔に見えるかを解説】

絶対的有利なポーズの一つで僕もよく利用します。これはファッション誌でも非常によく見る定番のモデルポーズです。なぜ頻繁に使われるポーズであるか・その理由として2つのことが上げられます。


  • 比較的簡単なポーズ

  • 沢山の方に似合うポーズ


だからと言えます。

そして脚をクロスすることにより体重が後方に掛かるため小顔効果が表れます。更にクロスした分だけ脚は長く見えます。

以上の様にちょっとした「オーディション写真のコツ」を知るだけで顔・脚のバランスは洗練され、更には理想とされる8頭身に近づきます。


両膝を重ね合わせたエレガントポーズ


オーディション写真・宣材写真向き エレガントポーズ
上で解説した「クロスポーズ」は様々なファッションに合いますが残念ながら万能ではありません。それはひざを曲げづにクロスするので強めの都会的なポーズとなり、エレガントさは低くなります。そこで登場するのが『両膝を重ね合わせたポーズ』です。

両膝を重ねるために膝を曲げて中に入れるため、女性らしいエレガントなポーズが完成します。このポーズは優しく、可愛いイメージになる為「クロスポーズ」では強すぎると思われる場合に利用します。

ただクロスポーズに比較すると難易度は高く誰もが上手にできる訳ではありません。またポーズに似合うファッションである必要もあるのでどちらのポーズが合っているかはカメラマンのアドバイスが必要となる場合があります。

この項目「本当は教えたくないオーディション写真のポーズ」・まとめ


沢山のポーズを出来る必要はなく、一つのポーズを上手に出来るようにしてください。参考にするのはファッション誌がおすすめで「イイ感じ」と思うポーズを見て覚えましょう。なぜならネット上の情報は必ずしも正しいわけではないので、それらのアドバイスを行っても良くなるとは限りません。

ポーズのチェックポイントは「足の位置、手の位置、重心」の3つです。中でも手の表情(仕草)はアドバイスが難しいので自主トレすると良いでしょう。

オーディション写真の服装をチェックをしよう

せっかく笑顔が上手にできても服の選び方を間違えると台無しです。でも、実は普段着ている洋服を少し変えるだけで良くなることも度々あるのです。

そこでここではオーディションならではの上手なコーディネートをお教えします。

オーディション写真の服装
【初めて撮影される方のための基本コーディネート】


  • 体のラインが分かる服である事

    ラインが分からなくて審査の対象外になることを防ぎます。

  • 生地が厚く太って見える秋冬ファッションは避ける

    冬でもフレンチスリーブや半袖で大丈夫です。

  • 女性はブラウス&スカート又はワンピースがスタンダード・男性はシャツ&パンツ又はそれにジャケットをプラス

    キュロットスカートでも大丈夫です。Tシャツで撮る声優さんは男女共に少ないですし、お勧めもしていません。

  • 靴選びのおすすめ順位⇒パンプス>ウエッジヒール>フラットヒール・但し女子のスニーカーはNG(男性でも多少ヒール高のある靴が有利)

    パンプスといってもデザインは星の数ほどありますが「ヒールを高くするのがポイント」となります。10センチ程度までがお勧めです。


【色、柄、デザイン別コーディネート術】


  • 文字入りデザインは避けます。文字自体が主張を持ったり、そこだけ目立つ可能性があるからです。

  • 白の背景で撮影する場合、白や薄い色の服は透明感を演出し、紺や赤などの濃い色は顔立ちをはっきり表現できます。色のついた服を着る場合、照明効果の幅を広く設定出来ます。

  • 細かいストライプ柄はTVや写真で見た場合、目がちかちかする場合があるので避けます。この現象を錯視と言います。(参考Wiki)

  • 脚を出すのが苦手で長めのスカートにするなら、むしろパンツにすることでイキイキ感が演出できます。


今回はオーディション写真撮影の為の服選びであることを確認してください。ご自分の好みも大切な要因ではありますが、それがオーディション向きであるとは限りませんので上記を参考にしてコーディネートしてください。



もし一人で決めるのが難しい場合フォトスタジオに数点持ち込んで相談することをお勧めします。またフォトスタジオによっては服を用意してくれる場合もありますので聞いてみるのもイイと思います。

合否を左右するボイスサンプル録音方法「5選」


写真AC

経歴・写真と並び、もう一つの合否判断材料の「声」ですが、録音環境によりその実力は大きく変化します。その為環境を整えることもオーディション対策の一つと言えます。


【ボイスサンプルの録音方法】


  • 音楽スタジオで録音・レベルの高い録音ができる

    ミキサーという機器が設置してあり、音量、音質などの調節が可能。更にエンジニアが専属で付いてくれる場合、アドバイスが貰えることはもちろんのこと、何度も録音をやり直し、台詞を繋げ一つに作り上げることも可能です。

  • ボイストレーニングなどのレッスンスタジオで録音

    通称ボトレトという歌や台詞の練習スタジオで、先生が個人で運営している場合も少なくありません。先生はその道のプロなので適宜アドバイスが貰える利点があります。

  • 学校で録音

    大学や専門学校に通っている場合は学校の施設が使用できます。設備よし、しかも無料であることが多く便利です。録音に先生が立ち会ってくれるとなおさら心強いです。

  • カラオケ屋さん

    「ワンカラ」など一人で使用できるカラオケ屋さんが便利。録音できる施設もあり・低価格で長時間使えるのが嬉しいですね。しかし隣の部屋の唄声、従業員の雑音などが入りやすいので注意が必要です。

  • 自分で録音=スマホ録音

    簡単、取り直し自由、緊張しない、無料などの利点があります。質的に納得がいくか疑問はあります。


面接・実技試験のコツ「3選」


この項目は実際に声優オーディションを受けた方のエピソードどして伺った内容です。受けて見てわかる、終わった時に気が付く、そんな現場の声が聞こえてくるようです。

声優オーディションのコツ"

  • 面接でしゃべり過ぎてはいけない

    緊張すると黙る方と、しゃべる方がおりますが「しゃべり過ぎには注意が必要」です。面接官に好印象を持ってもらうのはオーディション合格のポイントではありますが、ご自分の立ち位置を見失ってはいけません。ついついフレンドリーな面接官の調子に合わせて、友達と会話するようなノリになるのは危険です。あくまで審査されていることを考えて適切に会話することが求められます。

  • 台詞の時間オーバーでも諦めない

    実技試験の一つに指定された時間内に台詞やナレーションを行う事があります。そんな時、最も大切なのは「時間制限を守ること」です。しか上手くいかない状況もあることでしょう。かなりの緊張感があり、台詞が飛んだり、かんだりと原因は様々です。しかしそんな状況でも諦めてはいけません。生番組ならともかく録画番組もあるわけですから、そう考え最後まで頑張りましょう。

  • 前の人の演技に惑わされないこと

    複数の人数でオーディションを行う場合、前の人の出来栄えが聞こえてきます。しかしそれに惑わされない様にご自身に集中しましょう。こんな時こそ自分を信じて見ましょう。


如何でしたか参考にして頂けましたか。

続いて当フォトスタジオの紹介に移ります。




フォトスタジオの紹介


フォトスタジオの紹介

グーグルのネット検索は役に立つ人気ホームページを上位に掲載しますが(広告は除く)、当フォトスタジオは「声優オーディション写真」のキーワードで(画像)検索すると『上位の19枚中7枚の写真がランクイン』しています。

その確率は約27%で実に『4枚に1枚は当スタジオ撮影によるオーディション写真』となっています。これだけ多くのフォトスタジオがある中から沢山の支持を頂いております。

グーグル声優オーディション写真で画像検索

※更に「声優宣材写真」の検索ではトップ10名中6名が当スタジオで撮影の方となっています。

支持されるフォトスタジオになった理由


オーディション写真で大切な事


大手プロダクションの付属声優養成所の広告撮影を依頼されたのが切っ掛けで声優業界と交流が始まりました。また別件ですがベテラン声優さんがDVDを発売することになり、それに関連した撮影依頼を頂きました。そしてこれら二つの仕事で若手とベテランの両方の声優さんを撮影することが出来たのが良い経験になったと思います。

その後、様々な声優さん関連の撮影をしたことで、プロダクションにより(事務所の)カラーがあり、それぞれに異なることが分かってきました。そして現在ではこれらの経験を元に「オーディション写真・宣材写真」の撮影に臨んでいます。

新規にプロダクションに所属した方が宣材撮影に来られる場合は、事前にどのような方が所属されているかをホームページで確認します。それは既に所属されている方の宣材写真を見ることは大切だと思っているからです。

なぜなら事務所のカラーからはみ出した宣材写真であると他の方と比較して違和感が生じる可能性があるからです。それでは良い宣材写真とは言えません。このように現在でも様々な撮影を通して勉強しています。

そんな中、当フォトスタジオで撮影した方が活躍している姿を見ることがとても嬉しいです。これからも「絶対声優になる」と思っている方をしっかりと撮影させて頂きます。

良い修正・悪い修正の比較


俳優の宣材写真
修正とは撮影後の写真に写った被写体(人物)をパソコン上で変化させることを言います。そこには良い修正と悪い修正が存在します。面接で支障がでるような修正はNGです。


  • 良い修正



  • 当日できたニキビを消去する

  • 寝不足で充血した目を白くする

  • 転んでできた脚の傷を消す

  • 服に開いていた穴を隠す

  • 泥で汚れた靴先を綺麗にする


  • 悪い修正



  • 目を大きくする

  • 顎を削る

  • ウエストや脚を細くする

  • 脚を長くする


修正は全く無駄な場合も少なくない


プロダクションに入るとフォトスタジオで宣材写真を撮りますがその提出方法は2種類あります。

一つは撮った写真全てをCDRに入れて納品する方法。もう一方は提出前に選び、掲載してほしい写真のみを提出する方法です。これはプロダクションにより異なり、また声優さんのキャリアによっても異なると思われます。

カメラマンの推薦カット又はカメラマンと所属声優さんと一緒にお選びした宣材写真のみを提出する場合「1.2カットに絞ることが出来るので、思い通りに修正をすることが可能」です。しかし撮った写真全部を提出する場合は全てを修正することは不可能と言えます。

そのため修正しなくても済むように撮る事が必要となります。

参考までに記憶に残っている撮影した事のある有名プロダクションの提出方法を書き出します。


  • アーツビジョン=全部

  • アイム=全部

  • ビムス=全部

  • 青二=カメラマン推薦カット

  • プロフィット・リンクプラン=全部

  • 俳協・俳協ボイス=推薦カット

  • マウスプロモーション=推薦カット

  • 賢プロ=推薦カット


この項目「良い修正、悪い修正・まとめ」



  • 目の大きさ、ウエストのくびれ等は撮影やヘアメイクで良く見せることが可能です。修正はあくまで補助的に考え『修正に力を入れているフォトスタジオではなく撮影で違いを出せるフォトスタジオを選ぶこと』をおすすめします。


人気撮影プランと料金


「写真が得意です」なんていう方は(まず)いませんので安心してください。

そしてベストを尽くす事が大切です。
宣材写真のコツ

それを可能にするのが本番撮影前のショートレッスンです。これは初めての撮影、慣れていない、写真が苦手である方々を対象に作った簡単な「撮られ方の練習」です。所要時間は個人差があり10分~20分くらいです。

なぜ練習時間に個人差があるかというと、沢山レッスンをすると上手になる方と短いレッスンの方がペースをつかみ易い方と様々だからです。そのためカメラマンが個人個人に合わせて行い、最適と感じる時間配分で進行します。

レッスンが終わると、すぐにパソコン画面に写しだし1枚ずつ見ていきます。写し出した写真を見ながらカメラマンがアドバイスを行いますので、簡単に理解することが出来ます。

【レッスンポイントは以下の通りです】


  • 目標のオーディション又はプロダクションのカラーに合っているか

    良く撮れていても求められる人材になっていなければ意味がありません。

  • 美しい仕草、可愛い表情、誠実な眼差し、など人間性が最大限引き出されているか

    感情を表現する練習により「ワクワクする気持ち、楽しい気持ち」などを表現し、審査員に強くアピール出来るようにします。

  • 個性が出ているか

    ルックスは個性や主張を表現する最大のツールです。ヘアメイク、ファッション、ポーズのコーディネートをチェックします。

  • 「ちぐはぐ」はないか

    不自然がないか最終確認します。


人気プラン「3選」


おすすめプラン1
おすすめプラン2
おすすめプラン3
※実際にポーズした写真を見ながらのアドバイスを受けることで容易に理解できるようになります。

全ての料金表はこちら

ご予約はこちら



【特集】声優と俳優、両方で使えるオーディション写真・宣材写真


声優さんのお仕事は多様化していて俳優として舞台、テレビで活躍されている方も少なくありません。そのため宣材写真を声優として、又は俳優として、どの様に撮影すれば良いかをご相談頂くことが有ります。

基本的に当アトリエでは声優と俳優では異なる職業と考えていて、「顔の表情、笑顔の作り方、ポース、雰囲気」に至るまで表現方法を変えています。

しかしどちらの職業でも通用する撮影方法もあります。それはスタンダードな表現方法とも言え「シンプル+好印象」にすることです。

個別には皆さん各々の「イメージ、顔立ち、ファッション、ヘアスタイル」をしっかり捉えて、魅力を引き出すことで最適な宣材写真・オーディション写真に仕上げることが可能です。

撮影当日は「声優、そして俳優として使用したい」等お伝えいただければ大丈夫です。またこちらの俳優カテゴリの宣材写真・オーディション写真の撮り方を一読されることで理解は深まると思います。

※掲載していオーディション写真の著作権は当サイトに帰属します。

2017年8月
   
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031